カラーリングの仕上がりには差がある

"白髪と黒髪におきましては、白髪染めをした際のカラーリングの仕上がりに大きな差が生じてきます。
元々黒い髪に色を足すということと、白い髪に色を足すのとでは、その結果が異なってくるのは当然のことなのです。

 

白髪染めというのは白髪の量が多いか少ないかによりまして、全体的な仕上がりのイメージは全く違ってきます。
白髪が多めの人は全体の仕上がりも明るくなっきますが、逆に白髪が少なく、黒髪の多い人は暗めのカラーリングとなります。

 

何事でもそうですが、髪の毛に関しましても諦めなければきっと悩みから解放させることが出来ます。
白髪だって薄毛だって貴方の髪の毛に見合った白髪染めや育毛剤を使用することで理想の髪の毛が蘇ります。

 

白髪が多い人というのは、希望通りの色か、一段階暗めのタイプを選ぶようにしましょう。また白髪の少ない人というのは、希望の色の一段階明るめのタイプを利用することによって自分の理想の髪の色に近付けることが可能となります。
当サイトの管理人も「白髪」と「薄毛」の悩みを毎日のように抱えていた頃がありました。
その時には帽子をかぶったり、バンダナなどを利用して必死で隠していた時もありましたが、今ではその必要も無くなりました。"



カラーリングの仕上がりには差があるブログ:26 11 2019

夕方食後、数時間経って、
寝る前にトレーニングするのは、減量には逆効果です。

もちろん、
トレーニングすることによってカロリーが消費されますから、
トレーニング後何も食べないのであれば
理論上、痩せる可能性はあります。

しかし、これはそもそも、
「減量しなければならないほど太っている人が持つ食欲」
を無視したやり方です。

なぜなら、
寝る前にトレーニングすると
交感神経が刺激されてしまい目が覚めてしまうことと、
トレーニングによる空腹感によって、
夜更けに空腹を満たすため食べてしまうという
減量にとっては
最悪の事態を起こしてしまう可能性がかなりあります。

数日ならば寝る前にトレーニングしても
何も食べずに過ごせるかもしれませんが、
そんな苦行のような減量はいずれ破綻し、
ストレスによって暴飲暴食をしてしまう日がいつか来ます。

皆さんは、こんな経験がありませんか?
トレーニングした後、寝ようとしても寝られず、
夜更けに起きだしてとんこつラーメンを作ってしまったり、
コンビニにお菓子を買いに行ったり…

減量中は、
夜更けに食べるのは厳禁だとわかっていても、
食べてしまう…そしてまた太る…

「寝る前にトレーニングしたら痩せる」という方法論に
食欲の概念が無視されているために起る悲劇ですね。

減量の基本が食欲の抑制であると考えるなら、
夕方食をとってから数時間後、
寝る前のトレーニングは行ってはいけないのです!

「寝る前にトレーニングなどせず、お腹が減ってくる前に寝る」
これを心がけることが必要なんです。

この食欲を抑える減量方法を続けていると、
自然に早寝早起きになってきますよ。