髪質によって染まる色が異なる

"同じ色の同じ白髪染めを使ったとしましても、髪質の細い人と太い人を比べますと染まり方が大きく違ってきます。
一般的には髪が細くて柔らかい軟毛の人というのは、着色度が強く、そして髪が太くてかたい硬毛の人というのは、着色度が弱い傾向にあります。

 

白髪染めで比較的明るめの色を選ぶ場合におきましては、軟毛の髪質の人というのはメーカー側が公開しているイメージのままに購入しても問題ないとは思いますが、硬毛の人は一段階明るめの色を購入しますと失敗を最小限にまで食い止めることが出来るのです。

 

髪の毛というのは、薄毛や白髪などといった様々な悩みの種を発生させます。
これらは正しいケアをしてあげることによって、確実に改善させることが出来るのです。

 

硬毛の人が白髪染めを使用する時におきましては、髪に塗布してからの放置時間を長めに取ることによりまして、しっかりと発色しますので、まずは自分の髪質を把握しておくようにしましょう。
とりあえずここまではご理解をしていただくことが出来たでしょうか?
まだまだ知っておかなければいけないことがあるので、残り9つのメニューも要チェックです。"

中野 賃貸の情報
http://www.gulliver-nakano.jp/nakano/



髪質によって染まる色が異なるブログ:02 1 2020

わし達夫婦は結婚して二年になりますが、
最近、夫婦として成長したな〜と思っています。

一週間位前、嫁とケンカをしました。
お出かけ先に向かう車の中で
言い争いとも言えないくらい些細なやり取りから
お互いの怒りに火がついてしまい、
一気に車内は険悪なムードに…

一泊2日でのお出かけだったので、
「このまま2日も過ごすのか」
と最悪な状況を想像していたのですが…

結果的には、
お出かけ先に到着するまでの三十分足らずで仲直りをすることができ、
車を降りてからは
仲良く楽しい2日間を過ごす事ができました。

お互いの積極的な歩み寄りがあったから、
短時間で仲直りをする事が出来たんだと思います。

そのお互いの歩み寄りの姿勢と意欲と決意と表現というのが、
この二年間でわし達夫婦で築き上げたものであり、
成長の証であると感じたと同時に、
嫁と結婚して本当に良かったと強く感じました。

わしも嫁も怒りの表現がヘタで、怒ると引きこもるタイプなので
付き合い始めた頃や結婚した当初は、
お互いに怒る事ができなくて、不満があってもひたすら我慢という感じでした。

最近になって
ようやくお互いに少しずつ言いたい事を言えるようになり、
何で怒っているのか?何が嫌なのか?どうして欲しかったのか?…ということが
ケンカをしながらわかるようになりました。

その日も、嫁はめちゃくちゃ怒ってきつい口調でしたが、
わしの心に届いたのは怒りではありませんでした。

わしは嫁に愛されてるなーというのを一杯感じて、
それがうれしかった…

そんな嫁の想いを見ようとしないで
自分の事しか見てなかったわしはすごく情けなかったです。